桜ももうすぐ!

0

    おはようございます!こんにちは!こんばんは!

    ご閲覧ありがとうございます。

     

    Custom motorcycle shop 『A VERTICAL SUN』です。

     

    桜の開花予想も出ましたね。つぼみもふっくらとしてもう開き始めた花も見られます。

    暖かさとともに、バイクのコンディションとアイテムの準備を始められたお客様のお話もたくさん聞こえてきます。

     

    さて、今回は寒〜い冬の間、バイクを冬眠中から目覚めさせる方もいらっしゃるかと思います。

    そんな時、いきなり動かしても大丈夫なの?というような疑問を持ってらっしゃる方にチェックしていただきたいポイントを少しご紹介。

     

    まずは目視して下さい。

    冬眠前に無かったオイルのにじみや漏れはありませんか?ラジエター液などもいかがですか?

    車体自体または車体の下に漏れやシミに注意して下さい。

     

    次にタイヤ

    見た目からして空気が減って見えるものやタイヤのクラックや劣化。

    スリップサインを見逃さないで下さいね。

     

    チェーン

    張りや錆。見た目をチェック!

    ここまではエンジンを始動する前にチェック出来ますね!

     

    エンジンオイル

    オイルは使わなくても劣化は起こります。だから『絶対交換!』とは言えません。

    もちろん劣化はします。しかし冬眠後は絶対交換しなければいけないなんてことはありません。お店としては商売っ気が無いと言われそうですが・・・。

    実際、前回オイルを交換されたタイミングも千差万別ですし、冬眠前に交換されてから眠らせる方もいらっしゃいます。

    冬眠中もエンジンだけは始動していた方など、保管コンディションも様々だと思います。

    「交換いつしたっけ?」「そろそろタイミングかな?」「折角だから」などの方は結構時間が経過しているかもしれませんので交換をオススメします。

     

    バッテリー

    バイクに装着されて冬眠に入った方がほとんどだと思います。

    バッテリーの充電はどうしても自己放電するものです。こちらも元気なバッテリーをご使用なら問題ないと思いますが、もともと弱っていたバッテリーをご使用の方と元気なバッテリーをご使用の方では、当然ですが違いが出ます。バッテリーチェッカーなどお持ちの方は少数だと思いますので、セルが回りにくい・ヘッドライトが暗いなどの症状が出ている場合はご相談下さい。

    これを機に、バッテリーもより良い物に交換するのも一つです!症状の原因がバッテリー以外のこともしばしば・・・。

     

    キャブレター

    ガソリンがキャブレター内に残ったまま保管されていた場合、ガソリンが劣化してしまいキャブレター内の環境が悪くなってしまっている場合があります。パフォーマンスが落ちたなぁと感じられた方はオーバーホールなどの処置も一度ご相談下さい。

     

    他にも、ワイヤー類や灯火類、ブレーキやボルト類の緩みなどチェック項目は沢山あります。

    楽しみを100%楽しむために運航前点検を忘れず、気になったところは必ずチェック!

    ご不安やご心配などは楽しむ前に払拭しましょう!

     

    安心と安全、そして楽しむというコンセプトは当店のモットーです。

    カスタムも安心も当店にお任せください。

    是非、お悩みの方はご相談下さい!ご来店お待ち致しております。

     


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:75 最後に更新した日:2019/05/13

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM